• broken image

    学びの祭典 EMS DAYS へようこそ

     

    第一回本質行動学学会

    2024年8月24日-25日

    @サイボウズ東京オフィス⇄zoomオンライン

  • 魔法のような成果をもたらす本質学びの祭典

    エッセンシャル・マネジメント・スクール(EMS)は本質行動学を学べる世界で初めての学校であり、2019年創設以来、のべ2,500名以上の修了生を輩出しているマネジメントスクールです。皆さんの幸せなライフや組織マネジメントに役立つ、本質的な叡智に溢れた第一線の講師による基調講演・特別講演・対談などの特別企画のほかにも、EMSフェローによる個人発表と自主企画ワークショップなど、学びと発見と気づきに溢れた2日間をお楽しみください。

    個人発表やワークショップ企画も受付開始しました!(7月末日締め切り予定) 

  • 各界を代表するEssential Professor

    を迎えたスペシャル企画

    学会で憧れのあの人に会える!ライブで直接話を聞き、あり方から学べるチャンス!

    broken image
  • EMS DAYS 会場案内図

    ワクワクと彩りに溢れたサイボウズ東京オフィス@東京日本橋タワー27階

    broken image
  • こんな方におすすめ!

    一般の方

    □普段はなかなか学ぶ時間が取れないので集中的に本質を学んでみたい 

    □就職や転職や定年といった節目を迎えているので、自分の本質に立ち戻りたい  

    □EMSとはどんなところか講師、個人発表や運営を見て雰囲気を知りたい 

     

    修了生やEMSフェローの方 

    □せっかくの機会なので学びの成果を学会で発表したり、ワークショップを企画したい

    □一緒に学んだチームメンバーと会う機会がないので同窓会的に集まりたい 

    □他のコースや期間、チームの人たちと交流を広めたい 

  • EMS DAYS スケジュール

    2024年8月24日(土)

    EMSソーシャル宣言「本質行動学によって日本中の社会課題を解決しているソーシャルセクターのマネジメントを応援する日本一の学術機関になります」

    10-11時 基調講演 西條剛央(EMS代表)「本質行動学で新しい“非営利組織の経営”をデザインする ~東日本大震災時に三千人のボランティアを信念対立に陥らせずに組織化させた原理の拡張」(仮)

    11-12時 シンポジウム「非営利セクターで犠牲を出すことなく持続可能な運営する仕組みをどうつくるか」

    シンポジスト 花岡加奈(株式会社ブルースターグループホーム管理者)&三橋沙織(イオンリテールワーカーズユニオン) 指定討論者 西條剛央 MC服部恵祐(j.union株式会社代表取締役社長)

    12-13時 個人発表・自主ワークショップ 1st セクション

    (12時-14時開催)EMS公式ワークショップ(j.union株式会社プレゼンツ)「本質行動学(EMS)×労働組合(UNION)~本質行動学を用いて新しいユニオンを創造しよう」

    13-14時 個人発表・ワークショップ 2nd セクション

    14-15時 対談 熊平美香(昭和女子大学キャリアカレッジ学院長)×青野慶久(サイボウズ社長)「学習する組織を育てる方法〜サイボウズの存在意義の基盤となる5つの文化になぜ『対話』が加わったのか?」(仮)

    15-16時 個人発表・ワークショップ 3rd セクション 

    (15時-17時開催)EMS公式ワークショップ(身体原理学プレゼンツ) 講師 方条遼雨(身体思想家)「身体原理を手とり足とり体感できるワークショップ」

    16-17時 個人発表・ワークショップ 4th セクション 

    17-18時 鼎談 澤田智洋(コピーライター/世界ゆるスポーツ協会代表理事)×方条遼雨×西條剛央「社会的に生きるとはどういうことか?~学びの祭典で“リアル超躍しりとり”をやってみたらこんなものが生まれました」

    18-21時 大懇親会@サイボウズ東京オフィス(リアル会場のみ)
     

    2024年8月25日(日)

    10-11時 講演 大滝令嗣(早稲田大学名誉教授/亀田医療大学 顧問兼特任教授)「地方創生のソーシャルリーダー育成の本質~南房総、津南町などでのリーダー育成活動を通して」

    11-12時 講演 スペシャル・シークレットゲスト

    12-13時 個人発表・ワークショップ 5th セクション 

    (12時-14時開催)EMS公式ワークショップ EDMプレゼンツ 佐藤等(ドラッカー学会共同代表理事)他「マネジメントを深化させる実践型ツール“ドラッカー式・ハニカムチャート”(特許申請中)の活用法」

    13-14時 個人発表・ワークショップ 6th セクション 

    14-15時 基調対談 青野慶久×西條剛央「なぜサイボウズ式経営は本質行動学×ドラッカー的経営のモデルと言えるのか?〜原理的経営が社会を変える」(仮)

    15-16時 個人発表・ワークショップ 7th セクション

    (15時-17時開催)EMS公式ワークショップ(j.union株式会社プレゼンツ)「キャリアの本質は“強み”ではなく“関心”にあった!~本質行動学の“価値の原理”を具現化するワークグラムで自分関心を発見しよう

    16-17時 個人発表・ワークショップ 8th セクション

    17-18時 基調講演 池田清彦(早稲田大学名誉教授・EMS最高学術顧問)「我々はどう生きるか〜生物学的-心理的-経済的観点から幸せな人生をマネジメントする」

    18-18時半 閉会式 

    終了 (EMSフェローによる大撤収大会)

     

    ・リアル会場での講演や対談はオンラインzoomでも配信されます。リアル会場での個人発表、(公式)ワークショップは配信予定はありません。
    ・オンラインzoomの個人発表は主にオンラインの参加者向けになりますが、その様子はリアル会場でも流れている形になります。
    スケジュールは予告なく変更になることがあります(学会発表者はどこの時間帯でも発表できるよう両日明けておいてください)。

     

  • 学会発表について

    ・個人発表のスタイルは対話型発表とプレゼン型口頭発表の2つがあります。

    ・通常の学会と異なり自由度の高い発表スタイルとなっています(EMSフェローの方は修了レポートフェスをイメージしていただければと思います)。

    ・申し込み時に「要旨」の記入は不要です。申し込み時のアンケート欄の該当箇所に氏名、題名、発表が紐づいているコース名をお書きください。8月10日までにスクールタクトに発表内容をご記載ください(学会抄録となります)。

     

    <発表スタイル>

    ・会場での口頭やタブレットやノートパソコンを使った対面型発表(60分) 先着96名

    主な発表日は基礎原理コース24日と25日の両日/ソーシャルコース24日と25日の両日/身体原理学24日/ドラッカーコース25日/ミュージックコース25日を予定しています。

    ・オンラインでのプレゼン型発表(20分) 先着24枠

    ・上記の2つの個人発表とは別にワークショップも企画していただけます(120分)

     

    お申し込み時のアンケート欄にてご希望のスタイルを選択し、必要事項をご記入ください。

  • broken image

    対面セッション型発表60分

    発表を聞きにきて下さった皆様に、口頭や、タブレットやノートパソコン、動画を用いて10-15分程度でお話しください。残りの時間で質疑応答や対話を行うことで、学びや理解を深めることができます。一定時間ごとに合図がなり、聴衆の皆さんは移動していただけますので、複数回ご発表(ご視聴)いただけます。リアル会場での発表はこちらになります(先着96枠)新時代の「ポスターなきポスターセッション」をぜひお楽しみください。

  • broken image

    プレゼン型口頭発表20分

    プレゼン型口頭発表は質疑応答や交代時間も含めて合計20分間です。10-15分程度でプレゼンテーションしてください(残り時間が質疑応答)。オンラインでの発表はこちらになります。こちらは発表は1回のみとなりますが、オンラインにて一度に多くの聴衆の方に聞いていただけるメリットがあります。1時間3枠×8セクション=24名限定となりますのでご希望の方はお早めにどうぞ。
  • 自主企画ワークショップ

    •ワークショップとは10-20名程度の小規模のシンポジウム、対談、鼎談、ワーク、セッションなどを意味します。時間は二枠分(110分)となるため一つのテーマをじっくり深めることができます。

    リアル会場のみでの実施になります。EMSフェローの方が企画することができます(10枠ほど)。

    •部屋は主に着席10名前後の部屋となりますが、椅子を10席程度増やすことができます。

    •自主開催となるため、企画から参加者(お客さん)にお声かけしてご来場いただくまでご尽力いただく形になります。

    broken image
  • 発表資格

     

    ・発表者やワークショップ企画はEMSフェローに限定されます。ただし申し込み時にコース参加中の方は「みなしフェロー」として発表可能です。

    ・複数連名での発表の場合基本的に全員フェローである必要があります。

    ・修了生でフェローになっていない方も(再度)フェローにお申し込みすることで発表することができます。

    2024年8月末までフェローの体験期間となっているため、これまでフェローになったことがない方はその期間無料で体験していただけます(無料体験お申し込みはこちら)。

  • EMSブックフェア

    •EMSの修了生の皆さんが出した本は悠に数百冊に及んでます。そうしたフェローの皆様の活躍を書籍を通して知っていただく機会として本の展示会を行います。著者の方はぜひサイン入りのご著書を会場にお持ちください。学会参加者の皆さんには、展示期間中、自由に閲覧していただき、気に入った本がありましたら25日の終了時にお持ち帰りいただけるようにしたいと思います(販売は行いませんので、感謝の言葉を添えて、後日SNSで著者にタグ付けして感想を発信してください)。

    broken image
  • eumoのコミュニティコインemsが公式の場で初めて採用!

    感謝の循環という本質的な経済のカタチをご体験ください。

    EMS独自のコミュニティ通貨「ems」が公式の場で初めて採用!「感謝の循環」という本質的な経済のカタチをご体験ください。ems(えむす)とは、非営利株式会社eumoが提供する、感謝の循環による経済を促進するための腐るお金「共感コミュニティ通貨eumo」プラットフォームを活用したEMSの独自通貨です。フェローの方には、発表の有無に関わらず学会等で使えるコミュニティ通貨、1,000ems(1,000円相当)が還元付与されます。感銘を受けた発表、ワークショップの企画者、発表者、NPO団体などに感謝や応援の気持ちをカタチにして贈ることができます(お金的に使えますがお気軽に贈与していただけます)。一定期間経過すると自動的にEMSの奨学金に充当されますので、使わずとも感謝の循環につながります。 

    emsの詳細はこちら

    共感コミュニティ通貨eumo 

  • チャリティー・アート展

    アートの力で社会課題の解決を促進する

    ソーシャルビジネス実践コースなどでは、虐待児童を養育するグループホームの経営など、社会課題を解決に取り組む団体は数多く参加していますが、その事業の性質上、利益を上げることが困難で、給料も最小限であることから、EMSで学びを続けたくともかなわない人はたくさんいらっしゃいます。そこでそうした団体の人々が社会課題の成果を上げていくために、ソーシャルコースでの学びを継続していくための直接支援できる仕組みとして、チャリティー・アート展を行います。アート作品の力で社会課題を解決の一助になりたい方は、是非奮ってご出展ください(当日ご持参ください/作品が多く郵送をご希望の方はご相談ください)。

    broken image
  • 食の力で学会を盛り上げたい方も大募集!

    EMSには身体に良い食品や野菜、健康食品を扱う会社の方も多くいらっしゃいます。出店してくださる会社さん、試食品を提供してくださる会社さん、はたまたご自身の好きな食べ物や飲み物、お土産などを1品シェアしたい方など、食の力で学会を盛り上げてくださる方を募集します。それぞれの企業の商品や地元の名産品を知ってもらうきっかけとしてもご活用ください。

    broken image
  • 参加費

    <EMS Days 参加費>

    ・2Daysパス:5,000円(EMSフェローの方の学会発表・ワークショップ企画料込み*)

    ・大学生まで(ただし、社会人学生を除く)は無料

     

    <24日 夜の懇親会(リアル会場)参加費>

    ・3000円(事前申し込みが必要です) 

     

    EMSフェローや修了生、初めて参加される方も同じ金額でご参加いただけます。た2日間セットでの申し込みの扱いになるため1日のみの参加でも同額になります。リアル会場、オンラインで参加費は同じです。だしEMSフェローのみが個人発表やワークショップの企画に申し込むことができ、そのための発表費用はかかりません。

  • 会場のご案内

    サイボウズ株式会社 東京オフィス

    〒103-6027東京都中央区日本橋2-7-1 27階

    アクセス

    東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線:「日本橋駅」B6出口直通
    東京メトロ半蔵門線・銀座線:「三越前駅」B6出口より徒歩3分
    JR:「東京駅」八重洲北口より徒歩10分

  • 8月24日AM10-12時 EMSソーシャル宣言記念 講演&シンポジウム

     基調講演 西條剛央(EMS代表)「本質行動学で新しい“非営利組織の経営”をデザインする ~東日本大震災時に三千人のボランティアを信念対立に陥らせずに組織化させた原理の拡張」

     

    ・シンポジウム「非営利セクターで犠牲を出すことなく持続可能な仕組みをどうつくるか」 

    シンポジスト 花岡 加奈(株式会社ブルースター相談員/グループホーム管理者)
    シンポジスト 三橋 沙織(イオンリテールワーカーズユニオン 中央執行副委員長兼南関東グループ議長)
    指定討論者 西條剛央(EMS代表)
    参加型MC 服部恵祐氏(j.union株式会社 代表取締役社長/最幸支援責任者/非営利セクターの労働組合専門支援企業)

     

    主テーマは、「非営利セクターの組織運営をどうする?どうしよう?」です。「理念が高邁だからこそメンバーの自己犠牲が起こりやすい」「使命感に燃えるメンバー同士だからこそ信念対立が起きやすい」といった非営利セクター特有の「あるある」問題に悩まされている方は少なくないのではないでしょうか。
    雇用契約や金銭報酬で報いやすい企業などの営利セクター経営より、NPO・学校・病院・自治体・福祉施設・労働組合などの非営利セクターの組織運営にはより高度なマネジメントが求められると言われています。
    本シンポジウムでは、本質行動学を自組織や顧客に実践されている2名の実践者をお招きし、「チームワークを高め、犠牲を低減するためどのような工夫や仕組みを作っているか」「常に変化する環境変化に最適解を選択(方法の原理)して組織変革や組織運営をしているのか」などの切り口から、実際の現場で本質行動学の「人間の原理」「価値の原理」「方法の原理」をどのように活かしているか実践知をご紹介いただきます。
    その後は、指定討論者も交えて、参加された皆様との「モヤモヤ質疑応答(ダイアローグとリフレクション)」をして、より最適な組織運営のヒントを学び合います。人と組織の創造性や活力をどう引き出すか。非営利セクターの組織運営は当然ながら、離職率が高くて悩まれている営利セクターの企業経営にとっても有益な知見が多々得られることでしょう。10月からのEMSソーシャルビジネスコース2nd(寄附講座)の開講も決定しましたので、コースへの参加を検討されている方もぜひご参加ください。
    broken image
  • EMS学会運営委員会 公募(EMSフェロー限定)

    こんな方におすすめ!

    •本質行動学に基づくボランタリ運営の方法を体験的に学びながら、作り上げていくプロセスを楽しめます

    •学会発表・ワークショップ企画に優先的にお申込みいただけます

    •当日はリレー方式で分担しますので、参加者として学会発表や交流していただけます

    •委員会活動を通して、コースや期を超えた仲間ができます

    •(2024年後期以降のEMSの各種コースのFAや、EMSの裏方業務など、関心に応じた運営の一翼を担っていただくオファーさせていただく可能性があります)

  • 本質行動学学会 FAQ

    Q.本質行動学学会で発表をするとどんな良いことがあるのですか?

    A.一般的にアカデミックな世界では、学会発表やシンポジウム、ワークショップへの登壇は業績になります。また学会発表した手応えやそこで得たフィードバックをもとに論文にしていくことも少なくありません。自分の実践や研究を振り返り、言語化する契機となり、特に本質行動学に関する研究や実践報告は、EMSフェロー全員が本質行動学の基本原理や理論を習っていますので、建設的な意見や提案をもらえることも多くあると思います。EMSフェローの方にとっては、修了後の自分の歩みを改めて確かめあい、応援し励ましあうきっかけになることでしょう。

  • EMS代表 西條剛央より

    「EMS Daysに関心をお寄せいただき本当に有難うございます。本質行動学学会の記念すべき第一回大会が、日本橋サイボウズオフィスにて開催することになりました。 本質の学びは力になり、転期になり、目指すべき光にもなります。講演やシンポジウム、たくさんの発表やワークショップに溢れる“本質的な学びの祭典 EMS Days”が、あなたの人生のターニングポイントになる“人”や“叡智”と出会いになることを祈っています。僕自身も、ご縁のある皆様とお会いできることを、心から楽しみにしております。」

     

    一般社団法人EMS 理事メンバー・顧問のプロフィール

    EMS代表理事 西條 剛央 プロフィール

    博士(人間科学)。日本学術振興会特別研究員を経て、最年少で早稲田大学大学院(MBA)専任講師、客員准教授を歴任。東日本大震災に際して独自に体系化した構造構成主義(本質行動学)をもとに50のプロジェクトからなる日本最大級の総合支援ボランティア組織を育てあげる。2014年、Prix Ars Electronicaのコミュニティ部門において、ウィキペディア等が受賞した最優秀賞(ゴールデン・ニカ)を日本人として初受賞。「ベストチームオブザイヤー2014」「最優秀グッド減災賞」「NPOの社会課題解決を支えるICTサービス大賞」受賞。著書に
    クライシスマネジメントの本質: 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究』(山川出版社)
    構造構成主義とは何か』(北大路書房)
    質的研究とは何か』(新曜社)
    人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)
    チームの力』(筑摩書房)など。
    broken image
    broken image

    EMS理事 青野慶久

    研究テーマ「サイボウズ式本質経営の進化」

    サイボウズ株式会社 代表取締役社長/EMS修了生

    一部上場企業で「100人100通りの働き方」を実現。働き方改革や選択的夫婦別姓の騎手となる。EMSでは創設から講師を務める同時に受講生としても定期的に参加。また「経済力が学びの障壁にならないように」との思いから青野慶久奨学基金によって数百名もの学びを支えてきた。2022年のドラッカー学会の学会誌『文明とマネジメント』で本質行動学の特集が組まれた際に、EMS代表西條が5本目の論文にて「青野式本質経営」というべき原理的マネジメントを体系化したように、その経営は普遍的に有用な次世代のマネジメントのモデルとなっている。

    broken image

    EMS理事 熊平美香

    研究テーマ「リフレクションと人材育成」

    昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジ学院長​/EMS修了生

    ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。株式会社エイテッククマヒラを設立後、学習する組織論に基づくリーダーシップ、チームビルディング、組織開発を軸にコンサルティング活動を開始。昭和女子大学ダイバーシティ推進機構キャリアカレッジでは、女性活躍推進、働き方改革の支援を行う。2015年、21世紀学び研究所を設立し、企業と共にニッポンの「学ぶ力」を育てる取り組みを開始。経済産業省が改訂したあ社会人基礎力の中に、リフレクションを盛り込む提案を行った。

    broken image

    EMS理事 田中邦裕

    さくらインターネット代表取締役社長

     

    99年にさくらインターネットを創立し、社長に就任。社長退任、株式上場、債務超過の危機、社長復帰などの荒波を乗り越えてきた経験を活かし、さくらインターネットを日本を代表するティール組織となり、現在、時価総額1,000億円の企業に育て上げた。昨年、「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」などの米IT大手4社に続き、初の日本企業として初めて政府・自治体システムの共同基盤となる「ガバメントクラウド」の事業者に選ばれた。

    broken image

    池田清彦(EMS最高学術顧問/早稲田大学名誉教授) 

    1947(昭和22)年、東京生れ。東京教育大学理学部卒業。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程修了。山梨大学教育人間科学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を歴任。構造主義生物学の地平から、多分野にわたって評論活動を行っている。著書に『構造主義生物学とは何か』『構造主義と進化論』など100冊以上。

    broken image
  • お問合せ

    ご不明な点がございましたらお問い合わせください。